チャイルドシートには使用義務というものがあり、6歳未満の子供においては使用をするということとなっています。
しかし実際に利用しようとした際に、つけられないような座席の車であったり、子供がチャイルドシートが小さすぎて全然座ることすらできないというように非常に大きい子だったりする場合もあります。
いろいろな理由がありますが、利用義務免除においては規則があるので、適切に免除の内容を知っておくということが必要となります。
自分の判断で、使わなくてもいいだろうというような場合でも、実際には利用義務が生じているということが多いので、適切な判断が求められます。
免除されるものとしては、特定の乗車人数において座席が確保できないというような場合であったり、怪我などをしていて、緊急性がある場合に車に乗車をさせている場合などがあげられます。
基本的には常に使用をするということが基本です。
事故にあってしまった場合には、追突の際の力というのは非常に大きく、親が手で支えていられるというのは難しい状態となりますので、適切なシート使用が必要になるのです。
タクシーなどに乗車するという際には、免除がされますが、知人の車に突然乗るということにおいては必要ということになるので、子供と出かける際の交通手段ということについては事前に確認をしておくことが大事です。