チャイルドシートとは、自動車に乗るときに、まだ大人用のシートベルトを使うことが出来ない子供が、より安全に車に乗ることが出来るようにするための用具のことです。大人用のシートベルトは、設計上身長約140cm以上の体型の人に対して有効な働きをするようにできています。そこで、大人用のシートベルトが使えないがために、自動車に乗っていて事故にあったときに大きな衝撃を受けるのを避けるための、幼児用補助装置です。サッカー02つまり、子供を乗せる際に、シートベルトに代わる機能を果たすために座席に固定して用いる補助装置の一種です。道路交通法と言う法律では、免除事由に当てはまる場合を除いて、6歳以下の子供を自動車に乗車させる際には、使用することが義務づけられています。しかし、年齢が6歳を超えても、まだ身長の小さな子供は、大人用に設計されたシートベルトを着用すると、万が一の事故の際にベルトが首にかかるような場合もあり、かえって危険な状態になりますので、成長に合わせてジュニアシートに交換するなどして、身長が140cmを超えるくらいになるまでは、この様な補助装置を取り付けて子供を乗車させておく方が、万が一の事故の際にも負傷の程度が小さくて済む可能性が高くなります。