チャイルドシートは、良い様で厄介な場合があります。その理由とは一席に必ずひとりが割り当てられるからです。しょうじき、これは厳しい部分があります。このひとりにつき一席というのは、乗車人数が例えば5名だとすれば、残念がながら、4名ていどにしかなりません。それは、どうしてもチャイルドシートは、幅を取ってしまうものだからです。
 それは、特に後部座席に顕著にみられる現象で、前の座席では、そうそうありません。また、、チャイルドシートは、ら前の座席にはあまり取り付けられないけいこうにあるようで、どうしても、後部座席主体となります。そのりゆうですが、やはり、安全面を考えてのことだそうです。子供が、前の座席に座って、万が一にでも事故を起こしたらと考えれば、確かに、前の席にはすわらせたくなくなります。そんなこんなで、どうしても後部座席主体となってしまいます。チャイルドシートを搭載して、なんとか乗車する人数を増やそうと思ったら、バンタイプの自動車を購入するべきではないでしょうか。その上で、それでも人数が多いというのであれば、その時にはさらに、もう一台購入するとかを考えるべきではないでしょうか。できるだけ人数が乗れる車を買うべきでしょう。