日本の国内においては、道路交通法と言う法律によって、自動車に6歳未満の子供を乗せるときには、チャイルドシートに座らせなければなりません。つまり、法律的にはチャイルドシートの対象は6歳未満の子供と言うことになります。しかし、これはあくまでも法律上の話であって、6歳になったからと言って直ぐに子供をチャイルドシートではなくて、大人と同じ自動車のシートに座らせて、シートベルトをさせると、よほど体格の大きな子供でなければシートベルトで首が絞まってしまうことになってしまいます。何故ならば、シートベルトと言うのは、設計上は身長140cm以上の人が着用すると丁度良いようにできているからです。だからと言って、シートベルトを着用させなければ、それはそれで道路交通法違反となって減点されます。従って、子供を自動車に乗せる際には、6歳を過ぎたからと言ってチャイルドシートを撤去するのではなく、体の大きさに合わせてチャイルドシートやジュニアシートに座らせて、身長が140cmを越える頃になって初めて、大人と同じように自動車のシートに直接座らせて、シートベルトを着用させるようにすることが、安全面から言って必須のことなのです。